糖尿病について

糖尿病とは

インスリンは私達の胃の後ろにある膵臓のランゲルハンス島β細胞で製造されるホルモンで、血液によって全身の組織に運ばれます。インスリンによってブドウ糖は筋肉や肝臓・脂肪組織に取り込まれ、エネルギー源として利用するのを助ける役割をしています。
インスリンの作用が不足すると、ブドウ糖が利用できなくなり、血液中のブドウ糖濃度「血糖値」普通より高い状態になります。この状態が継続したのが「糖尿病」です。糖尿病の原因にはインスリンの分泌が少なくなる「インスリン分泌不全」と、インスリンが分泌されても筋肉や肝臓・脂肪組織などで正常に働かなくなる「インスリン抵抗性」があります。高血糖の状態を放置すると、全身に様々な合併症が出現するようになります。
合併症には糖尿病になって5-10年で出現する神経の障害(糖尿病神経障害)、目の障害(網膜症)、10-15年で出現する腎臓の障害(糖尿病性腎症)があります。また高血圧、高脂血症を伴うこともあり、血管が硬く細くなり(動脈硬化)心筋梗塞、脳梗塞、壊疽なども突然合併症として出現してきます。

糖尿病はどうしておきるの?

糖尿病には大きく2つのタイプがあります、それぞれ原因がことなります。

1型糖尿病

子供の時期に発症する糖尿病です。ウイルス感染のあとに自己免疫異常により起こるとされています。重症になりやすく、治療としてはインスリンが絶対に必要になります。

2型糖尿病

大人の時期に発症する糖尿病は、遺伝もありますが、食物を摂取する際に起こるインスリン分泌異常の人などが、生活習慣の変化、過飲食・運動不足により太り、さらにストレスなども加わり発症するケースがほとんどです。

糖尿病による症状は?

糖尿病の初期においては、検診などで尿に糖がでている、血糖値がやや高いと指摘はされることがあっても、そのころはまだ無症状、あっても喉が渇く、だるい程度の方がほとんどです。 この状態を数年放置すると合併症による症状が出現してきます。

糖尿病性神経障害 足がしびれたり、足の裏に異常な感覚が出現します。ひどくなると痛みで眠れない状態にもなります。内臓の動きを調節する、自律神経の障害が出現すると、立ちくらみ、下痢、便秘、男の人ではED(インポテンツ)が出現します。
糖尿病性網膜症
/白内障
重症化するとし失明につながります。早期に発見し加療することで失明への進行を阻止する必要があります。
糖尿病性腎症 初期に症状はありません、尿検査で蛋白尿があるときは糖尿病性腎症の初期の可能性があります。早期に加療しないと尿がでなくなり体がむくみ、腎不全の状態になります。肺に水がたまり呼吸困難となります。血液透析療法をしないと生きていけなくなります。

糖尿病の治療は?

糖尿病の治療方法は、患者さんの状態によって多様です。
基本的には食事・運動ですが、これが毎日のことですので、必ずしも皆さんが100%できるわけではありません。
血糖値を安全な状態に下げることが、怖い合併症を出さないために必要です。そのためのお薬は患者さんの病状、生活習慣、年齢等を加味して決めていかなくてはなりません。
飲み薬で対応できなければ、インスリン注射での治療も必要となります。また、血糖だけでなく、高血圧、高脂血症等の治療もあわせて行う必要もあります。